« 2013年10月 | トップページ | 2014年4月 »

面白いTV番組は、大阪にある。

水曜日のダウンタウン」(TBS)が、4/23より始まる。
たぶん、「100秒博士アカデミー」と同じ結果が待っている。

 H:突っ込みより、殴りたいがための暴力番組になっていませんか?
   効果音とかあっても笑えない。
   
ゴリラに育てられたドキュメント番組なら、感動するぜ。

 M:人の言葉の揚げ足をとって、笑いにしていませんか?
   毎回、ひーちゃんライスだけを作る料理番組で、星3つもらうまで奮闘する
   ドキュメント番組。・・・それまでは、食べさせられた被害者のインタビュー。

7月以降、MBS製作の番組を放送してほしい。
 「よしもと新喜劇」、「痛快!明石家電視台」、「ごぶごぶ」を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新sakusaku見たけど。

新sakusakuが、今日から始まった。
コンセプトと雰囲気は、そのままだけど、なんだか腑に落ちない。

 黒幕のいないsakusakuは、

  ・人気店であるが、辛くないカレーライス
  ・天王山の一軍の試合なのに、二軍選手しか出場しないプロ野球の公式戦
  ・人気パティシエが、いきなり蕎麦屋を開店して閑散とした店内。

    ・・・うまくたとえられないけど、すごーく期待したけど、期待した最低レベル
      到達していない。

ターゲットの視聴者を大きく変えてしまった。ついていけない。
今週見て、おもろなかったら、見るのをやめる。

このテーストでは、カ○ラ輩出音楽番組って、言えないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報で、試合中止の発表をしてみたら。。。

ヤクルト VS DeNA の開幕3戦目は、荒天のため中止となった。
この発表は、当日の球団から9時には、発表されていた。
13:30開始のデーゲームからすると、ぎりぎりのタイミングだったかもしれない。
だけど、昨日の夕方の天気予報で、雨で大きく荒れる予報が出ていた。
最近の天気予報は、精度が高い。
   ・・・そんなことなら、前もって「中止」の発表は出せなかったんだろうか?

中止の判断は、昭和からの慣習だろう。
この中止が、前日にわかっていたら、遠方からわざわざ観戦に来た人とか
交通費とか無駄な出費しなくてよかったんじゃない。
大型台風襲来では、事前に中止出すのに、当日の状況確認しないと出さない姿勢は、
営業面の収益優先のゴリ押しで、ファンは、2番目扱いされている。
そもそも、銀座線沿線のお客さんだけを対象にしているんじゃない。
前日の天気予報で降水確率が、高い場合、何かしらの中止ルールが欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生歌が見れるなら。。。

笑っていいともが、とうとう最終回を迎える。
最終ゲストは、吉永小百合さん。

昔、「笑っていいとも」「吉永小百合」で、一押しは、

   吉永小百合さん歌唱の「鹿のフン」の歌。  正しくは、「奈良の春日野」

平成じゃんぷ(平成生まれ)には、判らんだろうな?

       迷曲だけに、YOUTUBEにもあがっているわ。

  なぜ、この歌詞
  なぜ、吉永小百合さん
  なぜ、シカのフン

最近の企画ものでも、芸人でも、???  歌わんな。
歌詞で「フン」って、如何なものだ。

今の地位(年齢)で、生歌みたら。。。笑えるな。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球の順位予想で、OBは、高評価しがち。

今日の産経新聞のスポーツ欄で、荒木大輔氏のセリーグ順位予想が載っていた。
産経新聞の解説者やってんだー。
順位予想
 1 巨人
 2 広島
 3 阪神
 4 ヤクルト
 5 DeNA
 6 中日
ヤクルト評
 選手層が薄いだけに、けが人が出ると苦しい。
 新人野手の西浦は、引退した宮本の後釜として...


飯田哲也(夕刊フジ) 3.28
 1位 巨人
 2位 広島
 3位 阪神
 4位 DeNA
 5位 中日
 6位 ヤクルト
山崎武司(夕刊フジ) 3.28
 1位 巨人
 2位 中日
 3位 広島
 4位 阪神
 5位 DeNA
 6位 ヤクルト

---
解説者評も、1位、6位は同じ感じがした。
広島のAクラス、ヤクルトのBクラス???

プロ野球の順位予想で、OBは、所属したチームを
高評価しがちだけど。
荒木元コーチが、そんなこと言っているんかーーい。
 こんな予想は、当たった試しがない。
私(素人)の順位予想
 1 巨人
 2 広島
 3 DeNA
 4 ヤクルト
 5 阪神
 6 中日
 巨人:戦力がダブつき過ぎ。故障者、不調選手がいれば、
    お金でシーズン中でも補強が可能。
 広島:前田選手がMLBでの評価UPのため、活躍。
 De:昨年の得点力が今年もあり、投手陣の立て直し&
    移籍投手陣の活躍次第。
 ヤク:投手陣が、不足気味。故障者と不調者の調整を名実、情
    に流されず対応できるか?(昨年と同じではX)。
    バレ選手の本塁打は、昨年を超えられなければ、低迷。
    機動力(走塁)を活かす野球ができるか?
 阪神:先発投手陣次第。
 中日:投手陣次第。控え野手陣、兼任監督が機能するか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリ米のモデルチェンジの歴史

sakusakuの現体制の放送が、今週で終わる。
TVKでは来週から、開始時間が30分早くなる。
設定も、屋根の上から、レンタルショップへ。

その他住人で登場するのは、
たーとみちゃんだけか???


 カリフォルニア米 フォーエバー!!
 

そこで、
ネットの画像を拾い集めて、米子(カリ米)のモデルチェンジの歴史を。。。

米子 
  ・素顔は、アニメのあさりちゃんって言っているけど、 大久保さん(オアシズ)にも近い。
   よしもと新喜劇風に言うなら、「ぶっさいくやなー
Kome00

◆米子・オブ・ジョイトイ
  ・赤い羽のマスク、黒縁メガネ(大橋巨泉モデル)、
 黄色いエプロン逆さ天使の羽トップスは、不定(たぶん私服)
Kome01


◆米ブリシング
  ・情報なし
◆マツカネ米子
  ・情報なし

◆DA-米
◆米ックス(初期) 
  ・トップスは、ハートのアップリケ赤いトレーナー、 顔上部から2本の触覚が出現。
Kome02

◆米ックス(後期) 
  ・メガネが大橋巨泉モデルから、縁なしに変更。
    ※最新式から、旧モデルの””を見ると、なんだか怖い。
Kome03

◆米ックス(DVDロケ版)
  ・黄色いエプロンが、布でなく、黄色い荷造りテープ風(応援のポンポン風)
   DVDロケで、遅刻した体で登場。見た目、明らかに変!(記憶では)
    「
お前、忘れたんちゃうんか?」と突っ込みしたくなる。
     ※このDVD持っていないので、画像なし。
◆カリフォルニア米 
  ・4月の改変期後、数週間で変更
   未完の意味で、みかん色?のアップリケ付ボーダーのポロシャツ
   変更理由は、夏場のトレーナー着用は、
熱いからかも?
Kome04

◆カリフォルニア米(レア) 
  ・黄色いエプロンがない。(たぶん忘れたんじゃない。)
Kome05

たぶんこれが歴史の変遷と言えるが、正解が確信がない。
当の本人も、アホ杉て、解らんはず。

ちゃんと洗濯しているんだろうか?
不潔感悪臭感が、、、、いつか登場するのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球で、選手の入場曲って必要?

プロ野球で、選手の入場曲っていらない。

昔、神宮球場では、エレクトーンの演奏で、

 『1番センター 飯田』
 えーっさ えーっさ えさぽいさっさ。。。(エレクトーン演奏。)

今は、
???な曲が数秒、流れるけど、いい、耳障り。
緊迫感なーし、コンサートでも、歌謡ショーでもないんで。

 それより、
疑問符(???)の嵐。。。「♪あらし、あらし、あらし

 なんで、
こんな曲選んだの?
 なんで、このフレーズ(サビ)なの?
 これを聞くと、どーなるの?
 聞いたことない曲なんだけど、なんで?
 誰のためにかけているの?
 プロモーション頼まれてるの?

   ・・・
訳が分からん。

せめて、ボーカルなしの
インスト曲にしてほしい。
炎のファイターとかパワーホールとかにして。

誰か、
アニマル浜口選手の入場曲かけて、「気合だーの10連発いきます。」って
バッターボックス入ってほしい。(笑いを取るなら、許す!)

相手投手に対しての
騒音でも何にもならない。
この習慣は、何とかならんのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜ソングって。

2014年の桜ソングは?
  3年連続「さくら(独唱)」らしい。

自分的順位は、

 1位 SAKURA(いきものがかり)
 2位 桜の闇に振り向けば(河合奈保子)
 3位 チェリーブラッサム(松田聖子)
 4位 花は桜 君は美し(いきものがかり)
 5位 桜色舞うころ(中島美嘉)

ラジオとか、テレビのBGMでは、この時期、桜ソングがかかるけど、
同じ曲の繰り返しになるんだろうか?
今年リリースの桜ソングって、思い当たらん。
そろそろ、
春歌のパターン崩壊なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーでもいいけど、気になってしまう。

MXテレビで「ウルトラマンタロウ」のデジタルリメイク版を放送していた。
CG全盛のこの時代、特撮での映像は、実に素晴らしい出来に見える。

でも、これは。。。って思うことがあった。
 よく見るとオープニングの配役のテロップで、
 ウルトラマン XXXX
 怪獣     XXXX  って、中の演者さんだろうか?

 ウルトラ警備隊の副隊長って、あばれはっちゃくのお父さん
同じ俳優だった。(現実世界では、亡くなってしまったはず。)

 ウルトラ警備隊の副隊長は、
グラサンで、ちょっとワイルドな感じで。。。
 あばれはっちゃくのお父さんは、千歳船橋駅付近の会社勤め。
   。。。なんだか、ギャップのありすぎる配役。。。これは???どうなの?

怪獣もので、
 ウルトラ警備隊の隊員と、仮面ライダーのおやっさんって同じ俳優さんだった。
 派生で仮面のりだーのおやっさんも。
 正義を守るっていうことでいうなら、違和感ないけど、

ウルトラマンと仮面ライダーに出ているのも、
違和感あり。
  (何やってんの?、どっちが強いの????)


ロボコンのお母さん役
って、サザエさんの声優さんだったり。
そーいえば、サザエさんの声優さんって、声のイメージが強すぎるので
ほかのアニメの声優さんをすべて断ったとか言っていたけど、実写版はOKなのか?

どーでもいいけど、気になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「別れても好きな人」が、気になった!!!

「走れメロス」の行動を検証した中学生が話題になった。
メロスは、本当は往路は歩いて、復路は、早歩きだとか。。。
面白い研究をされた!

ならば、しょーもなの30乗で、80年ぐらいのヒット曲「別れても好きな人」って、
行動を

 どーでもいいけど、確認。

 <敢えて、歌詞は載せないが。。。>

1番で、まず、雨の夜の渋谷で、19時と仮定する。
そこから、傘もささないで、明治通りで原宿へ向かう。
歩くなら、1.5キロぐらいで、ゆっくり歩いて30分。19時30分着。
雨と言えない雨でないと、30分の歩行は、困難では?

そして、原宿で何処にも寄らずに、次の
赤坂へ向かうなら、

  渋谷-(銀座線)-表参道‐(千代田線)-赤坂 

のルートであるが、意味ありげに
原宿を経由しているので、原宿で、1時間食事で
店に入ったと仮定すると、20時30分出発で、

これも歩くなら、4.5キロで1時間20分。

歩く距離ではないと見たため、千代田線で
赤坂へ。乗車時間6分、
乗り換えを考えて、20時45分着。 グラスを傾ける。。。
22時まで赤坂に居たと仮定して、ここで1番は終わり。


2番。なぜか、
高輪。いまなら、白金高輪付近と仮定できるが、
時代背景は、80年代。高輪へは、地下鉄なら、都営浅草線の高輪台

高輪
でも、東京タワーを見ながら歩いていることを考えると、タクシーで、目的地
直行することは、考えにくい。

 地下鉄なら、
   赤坂-(千代田線)-日比谷-(日比谷線)-東銀座-(都営浅草線)-高輪台
 乗車時間で、27分。赤坂22時出発なら、22時40分着。

高輪
に何があるねん。高輪プリンスホテル?なのか?
 「思いがけない一夜の恋のいたずら。。。」1時間滞在したと仮定して、23時40分。


この次、
乃木坂に行くけど、ここはタクシー使って、
  桜田通り、麻布十番、六本木経由で、5キロ約15分とすると、0時ごろ到着。
彼女を降ろしたんで、ちょっぴり寂しい乃木坂???なのか、

そのまま、一人で、一ツ木通り???
 1.3キロ、タクシーで5分ぐらいとすると、0時5分ごろ到着。


1番では、
赤坂、2番では、一ツ木通り(赤坂の駅前)? 同じ場所の感じがするけど
語呂で使い分けたと見た。


 検証結果。

  ・
本当に急げば、約5時間で対応可能。
   ただし、忙しないし、目的がわからん。


 歌詞を確認すると、
不思議なことばかり。
  ・二人して傘もささずに雨の中、歩くって、アホ丸出しでっせ。。

  ・改めてタイトルつけるなら、
     「雨の中の東京観光」、
     「(今風に言うなら)ストーカーまがい」
     「別れても変な人。」、
     「別れても忙しない人。」
     「雨の日の忘れ物」
     「傘もない。」
     「浮気の歌」

  ・いろんな場所での滞在を2時間とすると、朝帰りでっせ。

  ・東京の下町中心で、場所を特定したら、日の目を見なかったろう。
   場所の持つイメージ(雰囲気)だけが先行したんだ。


一ツ木通り」って、TBS関連の芸能人多いんだろか?
一ツ木通り」で思い出されるのが、ジューシーフルーツの「二人の東京」。
アイドルグループの熱愛ゴシップニュースのBGMとか、予防線で、アイドルが
あらかじめカバーするとか?
  ・・・ブログの記事に「結婚しません。いい人なんです。」って言葉。
     この曲でいいんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年4月 »