« 本当の中国みやげと言えば、 | トップページ | 季節的に、桜が舞っていると・・・。 »

子供の頃から、肥満に敏感に!

 生活習慣病の予防は子どものころからと、6~15歳を対象とする
「メタボリック症候群」の診断基準
ができた。厚生労働省の研究班
(主任研究者=大関武彦・浜松医科大教授)がつくった。予備軍も含めると
中高年男性の半数があてはまるとされるこの症候群。研究班の調べでは、
小中学生でも肥満児なら、5~20%はあてはまる可能性があるという。

 メタボリック症候群は動脈硬化を招きやすく、基準としてはウエストの
サイズがもっとも重視される。
男女とも80センチ以上を「赤信号」とした。

 そのうえで、血圧、空腹時血糖値、高脂血症の3項目のうち2項目以上に
あてはまった子を「小児メタボリック症候群」とした。

 また、ウエストを身長で割った数値が0.5以上を「黄信号」とし、これに
該当する子や、
ウエスト80センチ以上だが3項目には当てはまらない子らも
「予備軍」
とした。

小学生でも、メタボだって!
大人になって、肥満になるケースより、子供のうちから肥満の子が、
こんな習慣病になる。・・・当然の結果ともいえる。でも、
遺伝ということも・・・。

この症候群、子供のうちからの摂生がこの状況を生み出すならば、
子供のうちにある程度は、防げるはず。

野球チームで、肥満児は、キャッチャーをやっているが、
逆に外野で、球を追いかけろ!

 肥満 → 走れない → 楽なことをしたがる 
      → 体脂肪が燃焼できない → 肥満

  悪循環で、太るだけの毎日!

子供の会話も「メタボで・・・」なんて、ことになるんだろう。

|

« 本当の中国みやげと言えば、 | トップページ | 季節的に、桜が舞っていると・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96590/14498183

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃から、肥満に敏感に!:

« 本当の中国みやげと言えば、 | トップページ | 季節的に、桜が舞っていると・・・。 »